冬だけのお楽しみ「酒まんじゅう」登場!

霧の森の冬の風物詩・酒まんじゅうが12/22(金)から登場します。

酒まんじゅう
酒まんじゅう

四国を代表する、つうの酒「梅錦」(愛媛県・四国中央市)。こだわりから生まれる数々の銘酒には数多くのファンがいます。

「ひとりに愛される酒をつくること。ひとりでも多くの人に味わってもらうこと」

これが蔵元・梅錦先代社長のことば。ここに梅錦ならではの大衆向けではないこだわりの酒造りを見て取ることができます。

そして霧の森がこの梅錦を100%(清酒・酒粕とも)使用して作る酒まんじゅうは、お酒の風味を存分にお楽しみいただけるとあって毎年大人気!

それもそのはず、水は一滴も使っていないんです。昔ながらの製法で、芳醇なお酒の香り漂う霧の森の酒まんじゅうは、昨今の風味に乏しい蒸しパンのような酒まんじゅうとは一線を画すおいしさ。

さあ今年も酒まんじゅうの季節がやってきました!

▼販売店
新宮本店、松山店

▼価格
5個入400円+税